協会について

会長あいさつ

本年度は日本体育協会が日本スポーツ協会に名称変更した日本スポーツの節目の年です。名称変更の趣旨は、現代社会では、体育にとどまらずスポーツを通じた多様な社会的価値の創出する役割を協会に求めています。
とりわけ本協会は日本スポーツ協会よりも早い平成17年に名称変更をしており、多様化するスポーツの潮流を先取りした先代の協会関係者の方々の先見性に膛目します。節目の年に本協会の会長に就任した意味を鑑み、より多くの市民の皆様がスポーツに親しみ・楽しむことができる生涯スポーツの推進、競技スポーツの拡充を袋井市や関係諸団体と連携しながら本協会の組織力を活かし推進してまいります。

一般社団法人袋井市スポーツ協会 会長  溝口 紀子

一般社団法人
袋井市スポーツ協会 会長溝口 紀子

協会設立経緯

平成10年から法人化の動きがあり、平成12年から、近隣の磐田・掛川を含む12市4町がNPO法人になりました。 平成17年に袋井市・浅羽町の合併を機に、「体育協会」から「スポーツ協会」になりました。 平成20年、法の改正により公益法人化の話が具体化され、スポーツ協会の組織に合った一般社団法人の話が進み、平成23年5月に設立となりました。

活動方針

スポーツ協会は多くの市民の皆様がスポーツに親しみ・楽しむことができる生涯スポーツの推進及び競技スポーツの充実と強化を関係諸団体と連携し、当協会の組織力を活かして推進してまいります。

本協会は次の三つの柱を基盤に事業を推進してまいります。
「マラソン100選」に選出された袋井クラウンメロンマラソンの魅力をさらに拡充し参加増を図ります。
「ラグビーワールドカップ2019「2020年東京オリンピック・パラリンピック」に向け、行政、地元諸団体、学校等との円滑な連携を図ります。
袋井市から受託する事業の円滑な実地に努め、静岡県体育協会、袋井市、教育委員会、地元企業のスポーツクラブ、地元の大学等と連携し、外部指導者を希望する学校にトップレベルの指導者やアスリートの派遣事業を推進します。

重点目標

  • 「マラソン100選」に選出された袋井クラウンメロンマラソンの魅力をさらに拡充し参加者増を図ります。(目標10,000人)
  • 「ラグビーワールドカップ2019」「2020東京オリンピック・パラリンピック」に向け、行政、地元諸団体、学校等との円滑な連携を図ります。
  • 静岡県体育協会、袋井市、教育委員会、地元企業のスポーツクラブ、地元大学等と連し、外部指導者を希望する学校にトップレベルの指導者やアスリートの派遣事業を推進します。
  • 幼児から高齢者まで、幅広いニューズに応えられるようスポーツ基本計画、生活習慣病予防に対応できるスポーツプログラム施設の提供に努めます。とりわけ袋井市から受託する事業の指定管理として各スポーツ施設における「スポーツプログラム(教室)」の内容、参加者の満足度についてモニタリングを行い利用者目線でサービス向上に努め、利用者増を図ります。また施設のライフサイクルコストの縮減に向け、施設を効率的かつ効果的に活用します。
  • 東海道五十三次どまん中ふくろいウオークをより充実するために、袋井市及び市内関諸団体と密接なコミニュケーションを図り、参加者の満足度を上げていくこと及び、袋井市の発展に寄与してまいります。

アクセス

一般社団法人
袋井市スポーツ協会事務局
TEL : 0538-42-1920
FAX : 0538-44-1731
月曜日休館

〒437-0062
静岡県袋井市泉町2丁目7番地
袋井市民体育館内

委員会

  • 総務委員会
  • 財務委員会
  • 支部委員会
  • 競技委員会
  • スポーツボランティア委員会
  • 施設管理委員会
  • 広報委員会